なにがあっても全部ネタだよね。

18歳女子が韓国に留学しながらいろんなものを観察してみる

韓国で大学に進学したい①私が韓国まで来た経緯

韓国に留学にきて5か月がたちました。本当に月日が過ぎるのは速くてびっくらこいてる小森です。

 

さて、韓国にきて迷走に迷走を繰り返した小森ですが、そんな自分の状況をちょっと整理しようと思います。

 

 

韓国来た当初の目標

こちらの記事でも書きましたが、韓国へ来た当初の目標は美容です。韓国の大学で美容系の学科に進学し、エステティシャンになろうと思って私は韓国まできました。

 

www.komorinosako.com

 

 

しかし、もともと勉強したいことがたくさんあった私は「本当にエステティシャンでいいのか」「エステティシャンになってしまえば他のことは諦めざる得なくなるかも…」そう思ったらエステティシャンになりたいという気持ちがどんどん薄れてしまいまったんですね。

 

元々勉強したかったことと、韓国まで来た経緯

美容と違いすぎてビックリされるかもしれませんが、私が高校一年生まで夢見ていたものは「考古学者」です。歴史や宗教などに幼いころから興味があり、高校進学後も必然的に考古学(特に日本史)の道を考えていました。

しかし、親や先生の反対でその道は諦め、諦めたことで自分の考古学への情熱の程度を知ってしまい他の道へ進むことを決めました。

数学が得意だったので理系に進み、給料的に安定する看護師になることを決めました。しかし、数学が得意とはいえ生物や化学に全く興味が持てず、これを大学でも四年間やり続けるのかと思ったら嫌気がさして医療系という道は捨てました。

そして、また進路に迷います。やはり史学系に行くかとも考えましたが理系にきてしまったためそれも難しい。進路という路頭に迷っているとき私に転機が訪れました。

 

オーストラリアにホームステイ

英会話の先生である母が、私の英語のできなさを憂いて私をオーストラリアの母の知人のところにホームステイさせてくれたのです。その母の友人は日本人なので、あんまり英語は話さず、英語力の向上は望めませんでしたが、海外で暮らす日本人の方のお話を聞くことができて、私としてはものすごい刺激を受けることができました。

そして、海外に行きたい!と、考え始めました。

 

海外に行きたいけどどうすればいいんだろう

海外に行くとなれば大学での交換留学かな、と私は考えていたのですが、当時私が行きたかった大学に一年間の留学が義務という学部があることを知り、そこの大学を考え始めました。

そこで実際にオープンキャンパスに行きました。しかし、大学自体はとてもいいところで学生も優しくてすごくよかったのですが、私には一つ譲れないことがありました。

 

韓国語の勉強です。

 

私は独学で韓国語を勉強しており、なにがなんでも韓国語は習得したかった。ですがそのことをそこの学生に話すと

 

「勉強が忙しすぎるから韓国語の勉強は無理だと思うよ。」

 

と、衝撃発言。どうしても韓国語がやりたかった私としてはその大学はパス。また新たに進路を考え始めました。

 

韓国で大学進学!?

いろいろ調べているうちに韓国の大学へ正規留学している人が結構いることを知りました。

いろいろ調べているうちに日本よりも大学の学費が安かったり、入学後はもちろん大変なものの、入学すること自体は簡単であったり、なによりも韓国に行けるというところに惹かれ「これだ!!」と思い韓国での大学進学を決定。そのために韓国語をもっと勉強する必要があったので、いろいろありましたがどうにか韓国の語学学校に入学。

現在に至ります。

 

 

 

しかし…

私は韓国で美容を勉強してエステティシャンになるという名目で韓国まで来たのですが、また進路に迷いだしました…w

韓国での大学進学という目標は変わっていませんが、職業についての話です。

 

 

 続き…

 

www.komorinosako.com